ホノルルマラソン 費用

ホノルルマラソン費用-旅行会社一覧

ホノルルマラソンと費用

ホノルルマラソン費用-旅行会社一覧

 

ホノルルマラソン (Honolulu Marathon) は、アメリカ合衆国ハワイ州オアフ島ホノルル市で開催されるマラソン大会です。
開催日は12月の第2日曜日となってます。近年は日本航空(JAL)が協賛しており、現在の正式大会名は「JALホノルルマラソン」となっています。

 

2019年のホノルルマラソンは、12月8日(日)です。

ホノルルマラソンツアー会社比較

ホノルルハーフマラソン JALパック・マラソン2018ツアー

 

4月8日(土)開催

 

利用ホテル:ワイキキ・サンドヴィラ・ホテル

 

コンダクター:日本からは同行しませんが、日本語を話す現地係員がご案内します。

 

日本航空 エコノミークラス

 

ホノルルハーフマラソン・ハパルア
ハパルアとはハワイ語で「ハーフ」の意味。ホノルルは走ってみたいけど、フルは厳しいなあ…というマラソン初心者にもおすすめ!
コースはホノルルのいいとこ取りで、普段は車でいっぱいのカラカウア大通りからスタート、ダウンタウン&ダイヤモンドヘッドを周回し、カピオラニ公園でフィニッシュします。

 

ホノルルハーフマラソン ハパルアツアー ワイキキ4日間

 

 

JTBホノルルマラソン2018ツアー

マラソンセミナー開催
ハワイコンベンションセンター3階のJTB特設会場にて、アシックスランニングクラブの池田コーチによるマラソン事前セミナーを開催!

 

マラソンコース下見ツアー
マラソンルート、レースのポイントなどを分かりやすく紹介するコース説明ガイド付きのマラソンコース下見ツアー

 

>>JTBで行くホノルルマラソンツアー

 

 

HISホノルルマラソンツアー

リーズナブルを求めるならHISツアーです。

 

今年もやるぞ決起会&ストレッチング
どんどん大きくなっています!大好評の決起会を更にパワーアップして開催!
ドキドキ・わくわく、ランナーみんなで盛り上がってスタートに望みましょう!
決起会では、簡単なストレッチを行いウォーミングアップしてスタートの準備をします。

 

>>HISで行くホノルルマラソンツアー

 

阪急交通社のホノルルマラソンツアー

ホテルまでのシャトルバスも完備
asicsアシックスの専属トレーナーにコーチして頂きます。
参加者にはアシックスのシューズケースをプレントします。
初心者や初参加者…誰でも楽しめて完走してしまうのがホノルルマラソンです。
今から初心者でも楽しく続けられるトレーニングと当日、完走できる方法を伝授 します!
現地入りしてからも、コンディショニング・ストレッチやモーニングラン、直前セミナーを行いますので不安はありませんよ。同じコースの10kmウォークも あるので、ご家族での参加も楽しいですよ。
あなたも「ホノルル・マジック」を体験してみませんか?
>>阪急交通社ホノルルマラソン特集
スポンサードリンク

ホノルルマラソンの概要

JALホノルルマラソンツアー2017
開催日時:2017年12月10日(日) AM5:00 スタート
競技種目:フルマラソン(42.195km) ・レースデーウォーク(約10km)
参加資格:年齢満7歳以上
完走された方全員に、完走記念Tシャツと完走メダル、完走証が贈られます。
※レースデーウォークはAM5:25にアラモアナ公園からカピオラニ公園を歩き、マラソンの雰囲気を味わってもらいます。

 

スポンサードリンク

 

 

最近ハワイ旅行に持っていく人が増えています。

 

ドルに両替する手間がありません。だから両替手数料が掛からなくお得!
          ↓ ↓ ↓

 

 

 

365日、ハワイを愛するあなたへ
●ハワイに関連する多数の加盟店で割引やプレゼントなどのサービスが受けられます!
●カードデザインは2種類。こだわり派のハワイ通に大人気です。
貯まったポイントをJALマイルやANAマイルに移行可能
●ご自宅と空港間、お荷物1個を無料でお運びする国際線手荷物無料宅配サービスがとっても便利!
●ハワイや日本国内の対象レストランで所定のコースメニューを2名以上で利用すると1名分無料に!
●旅行傷害保険(海外/国内)が付帯しているので、いざという時も安心!
●ハワイや日本国内の主要空港のラウンジを無料でご利用いただけます!
●ワンランク上の「ゴールドカード専用デスク」でコンシェルジュ対応。
ハワイで最強のクレジットカード!
          ↓ ↓ ↓

 

 

 

ハワイでスマホを使用する方へ。海外用のWiFiをレンタルいたします。

 スマホでホノルルマラソンを生中継してみませんか!



 

 

 

スマートフォン利用者の増加に伴い海外でインターネットをする方が増えています。

 

それと同時に設定ミスなどにより旅行から帰ってきて契約携帯会社から莫大な請求がくる、いわゆる"パケ死"問題が後を絶ちません。

 

通常海外でインターネットをするには、日本で契約の携帯会社の国際プランを利用するのが主流でしたが、利用者の意思とは関係なく勝手に国際プラン提携ではない現地携帯電話会社に接続されたり、利用者が訳が分からない内に高額請求されるケースが多いんです。

 

解決方法⇒グローバルWiFi

ホノルルマラソンのコース

アラモアナ公園をスタート⇒ワイキキビーチ⇒ダイヤモンドヘッド⇒ハワイカイで折返し、カピオラニ公園でフィニッシュ!
ダイヤモンドヘッド付近の短い坂を除けば、ほとんどが平地という走りやすいコースです。
コース上にはエイドステーション(給水所)にて飲料や冷たいスポンジが用意されています。
また、医療スタッフのサポートを受けることもできます。

レースディーウォーク10km

JALホノルルマラソンと同時に開催されるレースデーウォークは、自分のペースで楽しく歩けるウォークラリーです。お子様から年配の方まで年齢を気にせず、どなたでも参加できます。

ホノルルマラソン駅伝

駅伝のハワイ大会がはじまる!

 

新しいイベントで

 

1チーム基本5名編成で、走行距離は約5〜6km。

 

ランナー1名につき2周まで走行可能なので、最少3名から参加可能!

ホノルルマラソン

 

ホノルルマラソンは、今年12月で47回目の大会を迎えます。

 

1973年に心臓病の医師の、「心臓病のリハビリと予防のためには、LSD(長距離をゆっくり走る)、フルマラソンを走るのが良い」、という考えに基づき始められた大会です。いわば、「健康市民マラソン」の元祖ともいえる大会です。
だからこそ、競技終了の制限時間はありません。自分のペースでフルマラソンを完走する意志さえあれば、参加資格を得るための抽選もなく、年齢が7歳以上であればどなたでも参加できる大会です。
大会の主催者は、ホノルルで活動しているNPO法人/非営利団体の「ホノルルマラソン協会」です。大会の特徴は、地元の市民・ボランテイアに支えられて運営される、参加者を歓迎するハワイ独特の“アロハスピリッツ”に満ちたハートフルなイベントだ、という点です。
ホノルルマラソンは今や、ハワイで最も大きなスポーツイベントとして認知されており、海外からのランナーを含め参加者全員を、ホノルル市を挙げて歓迎してくれます。

日本での準備編

Q1 初めてフルマラソンを走りますが、何を持って走ればよいですか?
A1 初心者の方や長時間かけて完走される方は、以下のアイテムを持参されることをおすすめします。
●食べ物: エイドステーションには食べ物は用意されていませんので、糖分や塩分を補給できる食べ物(飴、スポーツ羊羹、ジェル状のエネルギー補給食品など)や、アミノ酸スティックなどのサプリメントなどをウェストバッグなどに入れて走られることをおすすめします。
●ウォーターボトル: 腰に装着できる小型ウォーターボトルを持参すれば、エイドステーションで水やスポーツドリンクを補給し、エイドステーションの途中でもこまめに水分を補給することができます。
●帽子: 帽子は暑さ対策上必須アイテムです。
※これらのアイテムをあまり大量に持つと、走る際邪魔になります。持参予定のアイテムを持って事前に走ってみてください。重量や走る際の感覚、邪魔にならないのかをチェックしたうえで本番に臨んでください。
Q2 日本事務局でツアーの申し込みができますか?
A2 申し訳ありませんが、日本事務局ではツアーの取扱いはしておりません。 ツアーや航空便、ホテルについては、旅行会社や航空会社などに直接お問い合わせください。
Q3 海外旅行保険に加入したほうが良いですか?
A3 ホノルルマラソンでは、大会参加者の怪我や病気に対応する保険には加入しておりません。 渡航される前に、お客さまご自身で海外旅行保険に加入されることをおすすめいたします。 ハワイにて医療行為・救急車等による搬送が発生した場合、高額な費用を参加者ご自身が負担することになります(最近の事例:治療 USD6,000 救急車USD1,100)。
発生した費用の事例については、こちらをご参照ください。
Q4 フルマラソンに制限時間がないと聞きましたが、練習しなくても大丈夫ですか?
A4 制限時間はありませんが、高温多湿の中で長距離を走る(歩く)ことになりますので、日頃からトレーニングを積んで大会に臨んでください。
トレーニング不足、オーバーペース、水分摂取の重要性の軽視などが、マラソンの経験者・初心者を問わず、これまでに熱中症などの命に関わる事態を招いています。ご自身の責任で体調を管理して、楽しく大会にご参加ください。
FacebookTwitterLinegoogle_plusSMSEmail